So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

先生の説明が悪い・・・ [学校・教師]

反省日記です。
今日の図工は形のかくれんぼという教材。

白い画用紙を自由に切り分けてその形をいろいろなものに見立てて色を塗りました。全部色を塗ったら最初の長方形にして台紙に貼って完成です。

前日に実際に作ってみて、簡単に楽しくできそう!とワクワクしていたのに…

あまりのできなさにガッカリ[冷や汗2]
しまいにはイライラ[むかっ(怒り)]

丁寧に説明したつもりなのだけど、子どもたちにはものすごく難しかったみたい。難しすぎて泣く子も。

結局、イライラに負けて怒ってしまったのだけど、私の説明不足の何者でもない…[涙]

何がまずかったかというと…

「まず、画用紙を自由に切ってパズルを作るよ」
「画用紙は7枚?10枚に切ります。あまりたくさん切ると難しくなるよ」

この説明で致命的な落とし穴がありました。
それは「切る」ではなく、「切り分ける」

「切る」というと、小さく切ってしまう子が続出。白い画用紙をきったものを元の長方形にもどすという超難問のパズルになってしまいました。

「せんせー、できん。」と助けを求める子ども達。一緒にやってみるけど、確かに難しすぎて私もお手上げ((+_+))

「切り分ける」と言えばよかったと後で気づいたけど、気づいた時はすでに遅し[冷や汗2]

「まずは2つに分けてね。」→「長方形に戻してね」→「また2つに分けてね」→「長方形に戻してね。」

この繰り返しで1つずつ確認すれば、混乱する子が少なかったなぁと激しく反省。

ちょっとした指示の出し方と言葉の使い方が明暗を分けるのだと痛感。

なのにイライラをぶつけてしまったよ。
今日はごめんなさいの気持ちでいっぱいです。

穏やかに優しく、そして根気強く。
日々、修行です。。。

まあ、差があるものの、私の説明を理解している子もたくさんいて、素敵な作品ができました!

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。